9月談話会

9月20日、後楽寮生で現在早稲田大学大学院文学研究科で日本古典文学を研究されている、林宇さんを講師に迎え、「日本文学と漢字の出会い-万葉集の和歌を通じて」をテーマにお話しいただきました。

講義では、講師が万葉集を学び始めたきっかけや、表記体である万葉仮名の紹介のほか、中国より伝わった漢字の音や訓を用いて書き記されたさまざまな歌や、遣唐使であった山上憶良の歌など万葉集における日中交流の足跡について紹介されました。質疑応答では、万葉集における助詞の用法や講師にとって万葉集の魅力は何かという質問が挙がりました。最後に講師のオリジナリティに溢れた和歌が披露され、聴講者からも笑みがこぼれ、その後の夕食交流会も盛会裏に終わりました。

講師に質問する会員

講師に質問する会員

 

 

(後楽会事務局)

 

 

 

  

 

 

ページトップへ