日中国交正常化45周年記念 日中書教育交流展

展覧会名:日中国交正常化45周年記念 日中書教育交流展
会 期:12月22日(金)~12月24日(日)
時 間:10:00~17:00 初日は14時から開幕式。最終日は13時まで
主 催東京学芸大学書道教育研究会、山西大学美術学院
入場料:無料
問合せ先:加藤泰弘研究室  TEL 042-329-7615

 

日中国交正常化45周年を迎えるにあたり、日本と中国の書教育(書法教育)の交流を目的とした展覧会を開催する。日本は『学習指導要領』の改訂がすすみ、中国では『中小学書法教育指導綱要』が発行され、ともに書教育が大きな転換点を迎えている。本展覧会によって、両国の書教育交流、文化交流を進めていきたい。
なお、12月22日(金)14時から開幕式を同会場前にておこない、筆会(席書会)を23日(土)11時より日中友好会館大ホールにておこなう。また、国際学術シンポジウム「東アジアにおける書教育と教員養成」(詳細→http://www.u-gakugei.ac.jp/pickup-news/2017/10/post-177.html)を23日(土)13 時よりおこなう。事前申し込みは不要。

 


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

※都合により展覧会を中止・変更する場合もございますので、必ず事前にご確認の上ご来場ください。お問い合わせ:公益財団法人 日中友好会館 文化事業部
電話:03-3815-5085 / FAX:03-3811-5263
e-mail:bunka@jcfc.or.jp

ページトップへ