後楽会6月談話会 「中国の世界文化遺産の保護と観光」

6月23日、寮生の徐桐さんを講師、由志慎さんを通訳に迎え、「中国の世界文化遺産の保護と観光」と題した談話会を開催しました。

6月談話会

講師の徐さん(右)、通訳の由さん(左)

徐桐さんは、元後楽寮寮生委員長で、清華大学で世界文化遺産保護を勉強し、現在東京大学で都市工学を専攻されています。

中国には40箇所の世界遺産があり、そのうち万里の長城や西安の兵馬俑などに代表される文化遺産は、29箇所あります。
徐さんは、世界文化遺産の基礎知識をはじめ、雲南省麗江故城、山西省五台山などの見どころ、歴史などをたっぷりと話され、参加者の皆さんも興味深く聞き入っていました。

 

 

 

 

 

ページトップへ