山東省濰坊凧 山梨巡回展「中国の凧展Ⅱ」

2012年度に当会館で開催しました中国山東省濰坊の凧展を山梨県に巡回しました。200点を超える様々な形の凧を一挙展示しました。


会場のなかとみ現代工芸美術館の天井が高い広いスペースに40mのヘビ凧や濰坊凧の代表である龍頭ムカデ凧がつりさげて展示され、ダイナミックな展示と色鮮やかな凧に来場客からも好評でした。日本の凧の会、日本カイトフォトグラフィー協会の多大なご協力のもと、日本の伝統凧、創作凧や凧につけたカメラから撮影された写真も展示しました。

 

7月20、21日には、濰坊から作品を制作した凧職人の孫継和氏が来日し、竹を火であぶって骨組みを曲げて作る様子を披露したのち、会場の庭で様々な濰坊凧を揚げました。ちょうど夏休みが始まったばかりの子どもたちが集まり、夢中で凧を追いかけたり、凧揚げ体験を楽しみました。

 

会期:6月7日(金)~7月21日(日) 会場:なかとみ現代工芸美術館  (山梨県南巨摩郡身延町西嶋345)

 

凧職人の孫継和氏による40mのヘビ凧揚げ

 

ページトップへ