日中友好会館所蔵絵画 藤沢巡回展「中国絵画展」

 8月10日㈯~25日㈰、神奈川県藤沢市民ギャラリーにて、当会館が所蔵する絵画作品が展示された。主催は(公財)藤沢市みらい創造財団、(公社)藤沢市観光協会、湘南日本中国友好協会をはじめ計6団体から成る中国絵画展実行委員会。

 

作品は斉白石、沈柔堅、程十髪、鄷子愷といった中国現代著名画家によるもの21点で、中国画、油絵、水彩画、漆画など多岐に渡る分野の絵画を紹介した。 8月10日の開幕式では、鈴木恒夫藤沢市長、藤沢市みらい創造財団 小野晴弘理事長、日中友好会館 武田勝年理事長が挨拶・テープカットを行った。

 

来場された方々からは「中国画とはどういうものか初めて知った」「現代油絵の素晴らしさを知った」など好評だった。 今後も会館としては、藤沢市をはじめとする日本各地で文化交流、青少年交流などを通して日中友好促進に尽力していきたい。

 

 

 

 

 

ページトップへ