暮らす・装う・彩る 中国少数民族衣裳展

2014年1月29日~2月26日の会期で当会館の主催展覧会「暮らす・装う・彩る 中国少数民族衣裳展」を開催いたしました。

 京橋にある「アートスペース繭」代表の梅田美知子氏にご協力を頂き、ミャオ族やイ族など中国南西部を中心とした地域に居住する少数民族の衣裳を展示しました。各民族の独特な暦法やお祭り、建築、いい伝えなどを写真とともに紹介したパネルを作成し、暮らしの様子が伝わるようにしました。

 いくつかの作品には実際手に触れることができるように展示をしたので、「刺繍や織りの細かい部分を間近に見ることができた」「実際に手で触れることにより、少数民族の想いが伝わってくるような気持ちになった」とご好評を頂きました。

 

 また、会場内での写真撮影をOKとしたり、会期中の土日祝や春節、元宵節に中国グッズが当たる福引きや、ギャラリートーク、ミニコンサートなどいくつかイベントを開催したのでご来場者に楽しんでいただけました。

 中でも、(公財)文京アカデミーとの共催で行った馬頭琴コンサートには、用意した60席に対し270名ほどが来場し、立ち見が多く出るなど大盛況となりました。 この場をお借りして、本展開催にあたり貴重なコレクションを貸してくださった梅田様をはじめ、ご尽力くださいました関係各位に改めて御礼申し上げます。

 

二胡ミニコンサート

馬頭琴コンサート

 

ページトップへ