‘流’―日本、中国、韓国の絵画_国境、文化、伝統を超えて

会期:2014年12月12日(金)~12月19日(金)  
会場:日中友好会館美術館  
入場料:無料
会館時間:10:00~17:00
イベント:12/12 15:00より オープニングセレモニー
     同日 シンポジウムまたはアーティストトークの予定


「流展」は2009年から、日中韓の各国の日本画、中国画、東洋画という分野の領域で、展覧会とワークショップを毎年1回、計4回行ってきました。日本では日本画、中国では中国画、韓国では東洋画があり、これらは東洋絵画(水墨画)の基盤を持ちながら各国の文化背景のもと独自の変化を遂げました。
「流展」の第1、2回を日韓展として日本画の画材、東洋画を一緒に展示するワークショップを行い、第3回には中国の作家も参加し、日中韓の展覧会となり、各国の絵画についての討論会も開催いたしました。
 今回は日本と中国をメインに、日中友好会館美術館にて展示及びシンポジウムを開催予定です。
 参加国の若手アーティストたちによる絵画作品をぜひご覧ください。



※都合により展覧会を中止・変更する場合もございますので、必ず事前にご確認の上ご来場ください。お問い合わせ:公益財団法人 日中友好会館 文化事業部
電話:03-3815-5085 / FAX:03-3811-5263
e-mail:bunka@jcfc.or.jp

ページトップへ