時に刻む木痕―中国新徽派(しんきは)版画展

※ミュージアムコンサート情報は下記に掲載しております↓
   

「蓮花峰」 張国琳 2007年

中国安徽省(あんきしょう)発祥の“徽派(きは)”版画は、精緻で秀麗な芸術的特徴があり、唐代に始まって明清時代に興隆し、版画芸術の大きな一派となりました。 その後、20世紀中頃より、頼少其(Lai/shao-qi)をはじめとする安徽省の版画家たちは、魯迅(ろじん)が提唱した新興木刻を導入しながら安徽省の自然や時代を反映した版画を創作するようになり、彼らは「新(しん)徽派(きは)」と呼ばれ、中国の版画界を牽引する存在となりました。

 本展では、現代の中国国内外で活躍する「新徽派(しんきは)」版画家達の代表的な作品約50点を展示します。 木版を中心に、シルクスクリーン、水印(すいいん)木版、石版、銅版など、様々な技法を用いた版画も展示します。

___________________________________________________

<開催概要>
会 期:2015年1月22日(木)~2月25日(水)
時 間:10:00~17:00、入場無料、月曜休館
会 場:日中友好会館美術館(日中友好会館内1F、東京都文京区後楽1-5-3)

主 催:公益財団法人日中友好会館、安徽省美術家協会
後 援:中国駐日大使館、(公社)日中友好協会、日本国際貿易促進協会、(一財)日本中国文化交流協会、
   日中友好議員連盟、(一財)日中経済協会、(社)日中協会、(一社)日本版画協会

「梅花」 頼少其、師松齢 合作 1981年

「花径雨香」 師晶 2014年

_____________________________________________ 

<美術館イベント>

◇春節ミニコンサート   入場無料、観覧自由
2015年2月19日(木)14:00より(約30分) 
春節(旧正月)の日にサックス奏者の張誠(ちょうせい)さん (東京藝術大学大学院 在籍)による
ミニコンサートを開催します。直接展示会場にお越しください。

_________________________________________________

◇プレゼント抽選会: 2月18日(水)(旧暦の大みそか)、19日(木)(旧正月)、20日(金)、 21日(土)、22日(日)にご来館の方に抽選で中国グッズをプレゼント!

_________________________________________________

下記催事は終了しました。

◇開 幕 式:2015年1月22日(木)15:00より
 安徽省美術家協会主席をはじめとする訪日代表団が出席予定です。

◇アーティストトーク:1月22日(木)15:40頃より(開幕式終了後、約30分)
 新徽派版画家 師晶(Shi-Jing)氏が作品をみながら、制作について お話をします。 予約不要、参加自由。

◇講演会&茶話会

 

講演「版画家から見た中国版画事情-中国での10年の指導を通して」
講師:銅版版画家 鹿取武司氏   
  (日本美術家連盟会員、大学版画学会会員、日本書票協会会員、元文化学園大学教授)
日時:2015年2月5日(木)14:00~16:30 要事前申込 
講演会場:日中友好会館地下1階 大ホール       
    ※講演会終了後、館内レストランにて交流茶話会(約1時間)となります。 
参加費:500円(資料、茶話会代込)  定員:50名
___________________________________________________

<展示作品(一部、予定)>

「昔日の輝き」 章飈 1990年

「笛の音」 謝海洋 1991年

「山韻」 張在元 1986年

 

 

※都合により展覧会を中止・変更する場合もございますので、必ず事前にご確認の上ご来場ください。お問い合わせ:公益財団法人 日中友好会館 文化事業部
電話:03-3815-5085 / FAX:03-3811-5263
e-mail:bunka@jcfc.or.jp

ページトップへ