「日中文化講座」開催 テーマは 聞いて、見て、食べる!「中国、変わる食文化」

 当会館と(財)かながわ学術研究交流財団は2009年11月28日(土)、中華街内にお いて共催で17回目となる「日中文化講座」を開催した。今回は中国現代食文化をテーマとし、①「日中食文化比較」講演、②永楽製麺所での製麺工程の見学、 ③広東飯店での中国本場「伊府麺」の昼食、④熊本味千ラーメンによる講演を行った。

 午前の講演は、横浜華僑婦女会館にて横浜華僑総会名誉会長 曾徳深氏が、多くの料理の写 真を示しながら、中国の伝統料理方法や現代の中国食文化を紹介した。永楽製麺所では普段は見られない製麺工程を社長の説明付きで見学、昼には広東本場の 「伊府麺」の麺打ちを見学後試食、午後には中国やアジアに進出し成功している「味千ラーメン」の方にお越しいただき、日本のラーメンが中国で愛されている 経緯や秘密をお話いただいた。盛り沢山の内容で、講演も食事も満足したという声が参加者から多くあがっていた。

(文化事業部)

ページトップへ