日中友好会館 第20回中国文化の日 中国浙江省舟山諸島の伝統音楽 舟山鑼鼓(しゅうざん-らこ)公演

終了いたしました。

中国の諸島に暮らす漁民(漁師)による民間の音楽
 漁民の民間芸術が初の東京公演!

 同時開催展 「中国漁民画展」 情報はこちらから

b_22_2-11


[会   場]  財団法人日中友好会館大ホール(文京区後楽1-5-3)
[会   期]   2010年10月9日 15:00~/19:00~   10日 15:00~/19:00~
             11日 15:00~        全5回公演、毎回30分前開場
[出   演]  舟山市芸術劇院
[入 場 料]  全席指定 前売り 1000円
[主   催]  日中友好会館、中国美術家協会
[後   援]  中華人民共和国駐日本国大使館、(社)日中友好協会、日本国際貿易促進会
       日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、(財)日中経済協会、 (社)日中協会
       日本華僑華人聯合総会  
[巡 回 公 演] 栃木県真岡市民会館 2010年10月14日

中国最大の諸島地域「舟山諸島」には1390もの島が点在し、漁業が盛んな地域として世界的に知られています。海に囲まれた厳しい自然環境の中、島民たちは漁を生業とし独特の文化を築いてきました。

「鑼鼓」は、「十三面鑼(十三音排鑼)」(十三面の銅鑼)と「五面鼓(五音排鼓)」(五面の太鼓)の二種の打楽器をメインにした打楽器合奏を指し、古来より出港、帰港、進水式など、漁における様々な場面で、大漁と海上の安全を海の神に願って、港や船上で打ち鳴らされました。

大海のように荒々しく豪快な気質を持つ島民たちによって演奏される曲には、海への願い、喜び、悲哀などが映し出されます。彼らの創りだす音にご注目ください。

b_22_2-21b_22_2-31b_22_2-41










※都合により展覧会を中止・変更する場合もございますので、必ず事前にご確認の上ご来場ください。お問い合わせ:公益財団法人 日中友好会館 文化事業部
電話:03-3815-5085 / FAX:03-3811-5263
e-mail:bunka@jcfc.or.jp

ページトップへ