織るかたち、編むこころ~中国竹草工芸展

終了いたしました。

[会   場]  日中友好会館美術館(文京区後楽1-5-3)   交通アクセス  プレスリリース
[会   期]    2011年8月1日(月)~8月17日(水)   
[休 館 日]  土・日 曜日
[開 館 時 間]  11時~17時 ※節電のため、通常より1時間遅い開館となります。予めご了承下さい。 
[入 場 料]  無 料
[主   催] 日中友好会館、中華人民共和国文化部対外文化聯絡局
[後   援]  中国駐日大使館、(社)日中友好協会、日本中国文化交流協会、(社)日中協会
       日本民藝協会  

「蓋付箱(竹編み)」

「蓋付箱(竹編み)」

 

中国において竹の堅牢さは品格、草のしなやかさは情感の象徴とされています。

中国で竹・草編み工芸品が日常的に愛用されるのは、その利便性や価格からだけでなく、中国で尊重される「天人合一」思想、すなわち「人・天・地・自然の調和」という理念が具体的に体現されたものと考えられているからです。
その歴史は長く、新石器時代(紀元前6000年前~)にはすでに発生していました。その後、数千年の発展を経て、今では高い鑑賞性をもつ民間伝統工芸となっています。

本展では、鑑賞用から実用まで幅広い分野から、立体編み・平面編み・磁器素地編みなどの様々な編み方を駆使した作品 約75点を展示し、現代でも中国の人々の暮らしに密接な竹・草工芸品の質朴な美、技巧をご紹介いたします。ご来場お待ちしております。

b_23_02-21

 

子背負い籠(竹編み)

子背負い籠(竹編み)

平面作品「蘭亭序」(竹編み)

平面作品「蘭亭序」(竹編み)

磁器素地編み茶器(竹編み)

磁器素地編み茶器(竹編み)

パンダ柄 壷(竹編み)

パンダ柄 壷(竹編み)

カササギ(竹編み)

カササギ(竹編み)

くつ(草編み)

くつ(草編み)

※都合により展覧会を中止・変更する場合もございますので、必ず事前にご確認の上ご来場ください。お問い合わせ:公益財団法人 日中友好会館 文化事業部
電話:03-3815-5085 / FAX:03-3811-5263
e-mail:bunka@jcfc.or.jp

ページトップへ