10月談話会

1027日、後楽寮生でお茶の水女子大学人間文化創成科学研究科で歴史文化学を学ぶ譚娟さんを講師に迎え、「『満州国期』における中国人女性」をテーマにお話し頂きました。

講義では、満州国建国時に使用された写真やポスターなどを用いて、当時の日本人と中国人の女性像を比較したほか、当時発表された小説や文章から中国女学生の「婦女意識」の変容について紹介されました。質疑応答では、現代も女性の活躍が注目される中、なぜ講師がこのテーマを研究しているか、満州国の女性は中国の他の地域と比べてどのような特徴があったかなどさまざまな質問が挙がり、参加者は当時の女性たちが何を考え、どのような生活を送っていたか、知るよい機会となりました。

 

 

 

                              (後楽会事務局)

 

 

ページトップへ