2月談話会

2月24日、後楽寮生で城西国際大学大学院にて日本現代文学を学ぶ、中国東華理工大学教員の劉国勇さんを講師に迎え、「非母語話者が詠む俳句」というテーマでお話いただきました。講師が日本の俳句をはじめたきっかけや、国際俳句や漢訳俳句の紹介のほか、講師や他の後楽寮生が詠んだオリジナル俳句の数々をご紹介いただきました。日本には豊かな四季があるので、季節に合わせて俳句を詠むことで日本語が磨かれ、人生が豊かになったという講師の言葉に、俳句を嗜む会員の方々もおおいに共感を覚えたようでした。

(後楽会事務局)

 

 

 

  

 

 

ページトップへ