日中友好会館美術館

展覧会紹介

中国が日本のGDPを抜き、世界第二位の経済大国となって10年余り。 華々しい経済発展の裏で、生活様式の変化や量産品の出現により、 昔ながらの手仕事が急速に失われつつあります。 そんな貴重な「手仕事」の中から、日本ではほとんど知られていない 「美しいもの」を求めて、コロナ禍に入る直前の2019年12月、 私たちは手工芸の都・四川省を訪れました。

四川省は四方を深い山々に囲まれた自然豊かな地域です。紀元前250年頃に築造された水利施設・都江堰とこうえんの治水により農業が発展。外敵の侵入を阻む独特の地形、豊富な資源に恵まれた「天府の国」を 求めて多くの人々が移り住むと、多種多様な手工芸が花開きました。

本展では、私たちが四川省でみつけた、“線”を媒介に職人が織りなす 4つの美しき手仕事——成都銀糸工芸せいとぎんしこうげい道明竹工芸どうみょうたけこうげい蜀錦しょっきん閬中ろうちゅうシルク絨毯じゅうたん—— をご紹介します。

展示品

蜀錦・花楼織機
公益財団法人日中友好会館