後楽寮

快適で生活費負担も軽い留学生寮

 後楽寮は中国人留学生のための宿舎です。ビジネスホテルのシングル程度のスペースで、決して広くはありませんが、冷暖房完備、冷蔵庫、テレビも備えた快適な個室です。男女合わせて204室あります。食堂では中国政府から派遣された調理師が毎日、中国の家庭料理を提供しています。ただし在寮期間は2年が限度です。後楽寮のほかに、後楽賓館の2、3階に研究員用の宿舎があり、30人前後の研究者、学者が滞在しています。

多民族が共同生活

 開設当初、寮生は中国諸機関、企業などからの公費留学生がほとんどでしたが、近年私費学生も2割強に増えてきています。初期の寮生は理科系が圧倒的に多かったのですが、最近では文科系も増えてきました。漢族のほかウイグル族、モンゴル族、朝鮮族など少数民族の学生が入り混じって暮らしています。開設初期には学部留学生も一部入居していましたが、今では修士課程、博士課程の留学生のみです。

多彩な人材を送り出した寮

 1985年の新築完成以来25年余り経ち、2003年に改装作業が行われました。これまでにおよそ4,000人の留学生、研究員が、後楽寮と研究員宿舎で日本生活を送りました。帰国した留学生の政界、経済界、学界での活躍には目覚しいものがあります。日中関係の将来を考えると、後楽寮は非常に有意義な存在だといえましょう。

 

お問い合わせ(留学生事業部):電話 03-3814-1261

 

ページトップへ