新時代を担う日中友好の架け橋に

ガントゥムル・モンゴル民主党党首の来訪

1月17日、当会館の小川理事長と黄星原中国代表理事は、訪日中のモンゴル民主党ガントゥムル党首の一行と会談しました。

 

小川理事長より、日中友好会館は日中両国政府の合意により設立された公益法人であり、日中間の民間交流促進を第一の目的としているが、日本政府の拠出金により、日モンゴル間の青少年交流やモンゴルへの植林植樹支援なども行っていると述べ、今後ともモンゴルとの民間交流を促進したいと述べました。

 

これに対してガントゥムル党首は、日中友好会館がモンゴルと日本との民間交流にも尽力してくれていると知ってうれしい。自分たちモンゴル民主党の代表団は近く中国も訪問するが、植林事業などを通じて、日本、中国、モンゴルの3か国協力ができれば大きな意義があると述べました。

 

ガントゥムル・モンゴル民主党党首(写真中央)

ガントゥムル・モンゴル民主党党首(写真中央)