日中若者アンケート Vol.1

2021年度の青少年交流事業に参加した日中の若者に、アンケートを取りました。

若者の生の声をお聞きください。

 

回答者:

日中大学生オンライン交流(第1回・第2回)及び「JENESYS2021」第四回日中大学生対話に参加した、中国人大学生(41人)、日本人大学生(19人)

 

 

1,関心のある社会課題は何ですか?

※記述式の回答を分類し、多かった意見をグラフ化しています。

高齢化問題に関する回答が12件で最も多く、社会・貧富の格差に関する回答が11件と次に多かった。

若者の雇用問題や寝そべり族など若者世代の大学生ならではの回答もあった。

 

 

 

 

 

 

【実際の意見】

●政府の意思決定、社会の公平性、貧困の緩和、生活水準の向上など、多くの問題に関心がある。中でも最も注目しているのは、男女共同参画の問題、社会(職場、家庭、人々の認識)における女性の地位の不平等について。
●経済のグローバル化が中国と日本にもたらすメリット・デメリット。中国と日本の科学技術の相互補完。中国と日本が牽引するアジアの経済発展について。

 

 

※記述式の回答を分類し、多かった意見をグラフ化しています。

高齢化問題に関する回答が7件で最も多く、経済格差、環境問題に関する回答が5件と次に多かった。

ほかにもアジアンヘイトや一帯一路構想などが挙げられた。

 

 

 

 

 

 

 

【実際の意見】

●「社会の分断」に興味があり、「香港社会における分断」を研究しています。香港に関わらず、アメリカやイギリス、大阪府など社会が真っ二つに分断してしまうような現象が2010年代後半以降、世界各国で発生しました。

 ●日本が女性が生きにくい社会であること(両性の平等)、中国社会での女性の地位。日本が多様性を尊重できない社会であること(性別、性的指向,食の多様性)。環境問題への取り組み。外国人研修生を現代の奴隷のように扱っていること。

 ●LGBT法案の可決の可否。

 ●海外出身の労働力増加に伴う移民政策、出入国管理政策の迅速な調整。

 

 

2,興味があるエンターテイメントコンテンツは?

【中国大学生】

ほとんどの学生が、日本文化に関するものを挙げていた。

音楽:動画配信サイトやサブスクの普及で、新旧を問わず、幅広く聴かれているようだった。

RADWIMPS、サカナクション、米津玄師、美空ひばり、中島みゆき、Kiroro、ヨルシカ、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、安室奈美恵、NiziUなど

 

ドラマ:日本の人気作品が、時差なく視聴されているようだった。

『孤独のグルメ』『Nのために』『僕のヤバイ妻』、『カルテット』『深夜食堂』『3年A組』『溺れるナイフ』『dele』『今日から俺は!! 』『mother』など

 

アニメ:相変わらず『名探偵コナン』『ドラえもん』宮崎駿作品の人気が根強く、『東京喰種』『カードキャプターさくら』『ワンピース』も複数の人が挙げていた。

 

ゲーム:『Ghost of Tsushima』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説』『ファイナルファンタジー』『ダークソウル』などに加え、『王者栄耀』『原神』などの中国のゲームも挙がった。

 

その他、文学の分野で村上春樹渡辺淳一の作品、『羅生門』などが挙がっていた。

 

【日本人大学生】

日本の若者には、K-culture(韓国文化)が人気だった。

K-pop:TWICE、BTS 、Blackpink、Somi、Girls Planet999、NIZIUなど

K-drama:『マイネーム』『Neverthless』

 

C-pop(中華ポップ音楽)も聴かれており、 THE9、WayV、Jolin Tsai、G.E.M、Unbreakable Love、紅豆、BEYONDが挙がった。

 

日本のエンタメでは、音楽、アニメを挙げる人が多かった。

音楽:あいみょん、Mrs. Green apple、緑黄色社会、YOASOBI、絢香、藤井風、JUJU、aiko、乃木坂46など

アニメ:『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『ブルーピリオド』『ビースターズ』『NARUTO』、新海誠監督作品、スタジオジブリ作品など

 

 

3,日本で聞いてみたい講義は?(中国大学生のみ)

【実際の意見】

●ジェンダー研究の講義やジャーナリズムの講義などを聞きたい。

●異文化コミュニケーション、異文化理解に関係するもの。

●環境法学に関する講座。「琵琶湖」の環境保全の取り組み。

●医学教育や医学研究の進歩に関する講義や交流会。

●どのようにして、より良い民主国家を構築するかに関する講座。

●日中両国の現代ポップカルチャーに関するテーマ。

 

 

ページトップへ