新時代を担う日中友好の架け橋に

青少年交流

日中若者アンケート

日中若者アンケート Vol.3

日中若者アンケート Vol.3

2022/08/19

2021年度、青少年交流事業に参加した日中の若者に、アンケートを取りました。若者の生の声をお聞きください。
回答者:『中国青年公益事業交流団オンライン交流』【環境】に参加した中国大学生(16人)、日本大学生(20人)

[主な訪問先] 詳細を見る

日中若者アンケート Vol.2

日中若者アンケート Vol.2

2022/07/11

2021年度、青少年交流事業に参加した日中の若者に、アンケートを取りました。若者の生の声をお聞きください。
回答者:『中国青年公益事業交流団オンライン交流』【環境】に参加した中国大学生(16人)、日本大学生(20人)

[主な訪問先] 詳細を見る

日中若者アンケート Vol.1

日中若者アンケート Vol.1

2022/06/10

2021年度、青少年交流事業に参加した日中の若者に、アンケートを取りました。若者の生の声をお聞きください。
回答者:日中大学生オンライン交流(第1回・第2回)及び「JENESYS2021」第四回日中大学生対話に参加した中国人大学生(41人)、日本人大学生(19人)

[主な訪問先] 詳細を見る

参加者のその後のストーリー

日中青少年交流事業 参加者のその後のストーリー(第15回)

日中青少年交流事業 参加者のその後のストーリー(第15回)

2022/07/27

今回は、2008年(高校2年時)、2008日本青少年訪中代表団(四川コース)に参加し、現在は二胡の演奏家として活躍する桐子(きりこ)さんのインタビューを紹介します。

[主な訪問先] 詳細を見る

オンライン交流

「JENESYS2022」日中障害者福祉青年オンライン交流

「JENESYS2022」日中障害者福祉青年オンライン交流

2022/11/08 〜 2022/11/09

日中両国の新たな分野での協力として、「障害・リハビリ分野におけるロボット・機器の応用」「特別支援教育とパラスポーツ」をテーマに、リハビリ分野や障害者福祉の分野での交流を実施し、日中関係の更なる友好親善を図ることを目的として本交流を実施しました。

[主な訪問先] 詳細を見る

「JENESYS2022」日中青年研究者オンライン交流

「JENESYS2022」日中青年研究者オンライン交流

2022/10/27

 日中で相互理解を増進すべき社会課題として「公教育」と「高齢者福祉」をテーマに取り上げ、両国社会の差異を認識しながら相互理解を深めることを目的に交流を行いました。参加者の専門分野は、近代日中関係史、社会教育、リハビリテーション、デジタルヘルス、社会保障、日本文化、社会階層、国際関係等、多岐にわたり、経歴もさまざまであることから、はじめに自己紹介を行いました。

[主な訪問先] 詳細を見る

「JENESYS2022」第1回日中高校生オンライン交流

「JENESYS2022」第1回日中高校生オンライン交流

2022/10/26

本交流は、コロナ禍下で対面での交流が叶わない中、日本と中国の高校生がオンラインによる交流を行ったものです。高校生ならではの視点・感性を活かしながら、お互いの国・地域や学校生活の紹介、グループテーマをめぐってのディスカッション等の交流活動を通じ、相互理解と友好促進を図ることを目的としました。

[主な訪問先] 詳細を見る

「JENESYS2022」日中メディア対話会

「JENESYS2022」日中メディア対話会

2022/04/19

日中メディア対話会は、コロナ禍下で対面での交流が叶わない中、新聞・通信、テレビなど日中のメディア関係者がオンラインで一堂に会し、日中双方より発表や自由討論を行い、日中メディア間の相互理解を深めることで日中関係の更なる発展の契機とすることを目指して実施しました。

[主な訪問先] 詳細を見る

その他

若き津波防災大使(日中植林・植樹国際連帯事業)

若き津波防災大使(日中植林・植樹国際連帯事業)

2022/10/12 〜 2022/10/20

本事業は、「日中植林・植樹国際連帯事業」の一環として行われ、世界25カ国の高校生に、日本の津波の歴史や地震・津波への備え等の防災・減災の取り組みを学ばせ、今後の課題や自国での展開等の議論を行うことにより、各国共通の課題である地震・津波等災害の脅威や防災の知見を伝え、将来、地震・津波等災害の影響を最小化し、国土強靭化を担うリーダーを育成することを目的として実施しました。

[主な訪問先]新潟県 詳細を見る

日本青年モンゴル植樹交流団

日本青年モンゴル植樹交流団

2022/09/26 〜 2022/09/30

本年は日本・モンゴル外交関係樹立50周年であり、「青少年交流推進年」でもあります。これからの50年に向けた両国関係の更なる促進の礎は、国民間の交流・相互理解であることを踏まえ、日本の環境分野の若手研究者等をモンゴルに派遣し、植樹をはじめ、砂漠化防止・植林政策等、環境保護に関する関係者との意見交換・交流、関連視察を通じ、環境分野における日本・モンゴル間の相互理解並びに対日理解の一層の促進を図ることを目的として実施しました。

[主な訪問先]ウランバートル及びその近郊 詳細を見る