新時代を担う日中友好の架け橋に

「JENESYS2023」中国大学生訪日団

※写真はクリックすると拡大します

実施概要

招聘期間: 2024年3月3日(日)~3月9日(土) 6泊7日

招聘人数: 30名(団長、事務局・引率2名、団員27名)

実施団体: (公財)日中友好会館

派遣団体: 中国日本友好協会

内  容:

 ・テーマに関するセミナー、交流、視察

 ・日本の政治・経済・社会・文化・歴史等、全般的な日本理解につながる視察・参観等

 ・日本の地方の魅力理解につながるプログラム等

 ・日中大学生合宿交流

主な日程

3月3日(日)

PM 北京と上海に分かれて来日

3月4日(月)

AM テーマ「分身ロボットと重度障がい者の就労」に関するセミナー 受講

PM 砂町水再生センター 視察

PM 深川江戸資料館 参観

PM 歓迎会

3月5日(火)

AM 愛知県へ移動

PM 名古屋市 ブリーフ

PM 熱田神宮 参観

3月6日(水)

AM NPO法人フェアトレード名古屋ネットワーク ブリーフ

AM フェアトレードショップ 視察

PM 名古屋城 参観

3月7日(木)

AM 千葉県へ移動

PM 日本大学生訪中団(2023年11月に実施)団員との合宿交流

3月8日(金)

AM 日本大学生訪中団(2023年11月に実施)団員との合宿交流

AM 東京へ移動

PM 合宿交流グループ発表兼歓送報告会

3月9日(土)

AM 帰国

プログラムのハイライト

「持続可能な社会」をテーマに、中国の大学生を訪日招聘し、合宿を通じて日本の大学生と親睦を深めるほか、テーマに関する視察・交流、及び日本の経済、社会、文化、歴史等に関する視察を行い、多面的な対日理解を促進することを目的として実施しました。

 

様々な角度からテーマについて学ぶ

誰一人取り残さない社会の実現を目指すために、「障がい者」「フェアトレード」「エシカル消費」「ルッキズム」など、多方面からテーマに関するセミナーや講義、意見交換を行うことで、様々な角度から持続可能な社会の実現について学びました地方では、フェアトレードタウンに認定されている愛知県名古屋市を訪問・視察フェアトレードタウンとして全体の取り組みについてセミナーを受け、実際の商品の販売現場を視察し、フェアトレード商品への理解や、仕組みについて学びました。

 

日本大学生との合宿交流

2023年11月に訪中した日本大学生と、1泊2日の合宿交流を行い、社会課題をテーマとしたグループワーク、成果発表等を行いました。合宿交流を通して、相互理解を深め、草の根交流を促進し日中関係を更に強化しました。

参加者の感想

◆近日公開