新時代を担う日中友好の架け橋に

「JENESYS2023」2023年日中障害者福祉青年交流代表団フォローアップ オンラインセミナー

※写真はクリックすると拡大します

実施概要

実施日時: 2024年3月13日(水) 14:20~16:30(日本時間)

参  加  者: 2023年日中障害者福祉青年交流代表団 団員等 28名

実施団体: (公財)日中友好会館

協  力: 中国障害者連合会

内  容: 障害者福祉分野に関するセミナー、質疑応答・意見交換

プログラム

① 在中国日本国大使館挨拶:永森 沢吾 参事官

② 中国障害者連合会挨拶:周 紅 国際部副主任

③ (公財)日中友好会館挨拶:荻原 芽 事務局長

④ セミナー

テーマ:「社会側の障害を攻略する!-民間団体の取り組み事例-」

講 師:加藤 さくら 一般社団法人障害攻略課 理事

④ 講 師:加藤 さくら 一般社団法人mogmog engine 共同代表

⑤ 質疑応答

 

プログラムのハイライト

本プログラムは2023年8月に訪日した中国障害者連合会及び関連機関に所属する青年がオンラインで日本の障害者福祉分野に関するセミナーに参加し、帰国後も引き続き日本の同分野への理解を深める他、日中関係者の友好関係を促進することを目的として実施しました。

 

セミナーでは、講師が自身のプロジェクトの起点を振り返りながら、「一般社団法人障害攻略課」など講師が参画する3つの民間団体の取組や、能登半島地震直後の活動などが紹介されました。

「障害がある子どもが生まれても絶望が継続しない世の中を創る」という信念の下、マチ・モノ・コト・ヒトという4つの観点からの障害の攻略について、幅広い取組の説明がありました。

参加者からは「マルチワークでどうバランスをとっているか」、「政府からの活動資金支援はあるか」、「デジタルリハビリツールの使用は地域制限があるか」、「アプリのアップデートに必要な資金はどのように調達しているのか」など、多くの質問や意見が挙がりました。

最後に講師からの「社会側の障害(絶望)は攻略して希望に変えられる」という、障害のある子どもを持つ親へのメッセージで締めくくられました。

 

参加者の感想

◆近日公開